• トップ
  • >
  • ユニバーサルデザインについて

ユニバーサルデザインについて

 東京都難病相談・支援センターホームページ(以下当ページ)では、JIS X 8341に準拠し、ユニバーサルデザインに基づくアクセシビリティ・ユーザビリティに配慮したページ作成を心掛けております。
 主な内容は下記のとおりです。

使用文字

 機種依存文字使用の禁止

  • 資料等においてローマ数字や丸付き数字が使われていたものは、別の文字に置き換えて掲載します。
  • 外字に該当する漢字は、他の文字に置き換えるか画像により掲載します。
  • 半角カタカナは使用しません。

色、形

  • 文字の色は背景と十分なコントラストをとり、色の組み合わせは見やすいように設定します。
  • 動く画像・文字や文字の点滅は原則使用しません。
  • 画像情報などにおいて、内容を理解するために必要な情報は、色、形や位置のみに依存せず、必ず文字による説明を併用します。

文字拡大について

  • 文字のサイズを大きくして表示可能な文字拡大サービスを提供します。
  • ブラウザの設定により、必要に応じて利用者が変更可能にします。

音声読み上げ

 希望する方に音声による情報提供が行えるよう、音声読み上げサービスを提供します。

操作性

  • ページの上部に共通のナビゲーションを配置します。
  • 現在表示されているページの位置を階層構造の上位ページへのリンクのリストで記述し、主要ページ上部へ配置します。